記事詳細ページ

【丸大扇屋 「燻」作業中です】

【丸大扇屋 「燻」作業中です】:画像

冬季休館中の「丸大扇屋」では、『燻(いぶし)』と呼ばれる
冬の間の恒例行事が行われています。
虫を駆除し建物を長持ちさせるために、囲炉裏に火を入れ
その煙で茅葺屋根を燻蒸する作業のことです。



部屋の中は青白い煙が立ち込め、パチパチと薪の爆ぜる音が。



囲炉裏には自在鉤(じざいがぎ)に水を張った鍋をかけて、
乾燥しすぎるのを防いでいます。
天井は吹き抜けるように作られており、屋根裏まで煙が
廻る仕組みに。



毎年冬の3カ月の間じっくりと燻され、黒光りするような
独特の色合いに染まった天井。木造建築を守る先人たちの
知恵に感心させられます。

▼煙は屋根裏にある女中部屋を抜け、二階の格子窓から外へ。

 
▼先週から降り続いた雪で、庭も母屋も覆いかぶさるように
白く包み込まれて。
  

軒下の干し柿は、冬の間小動物の食糧になるよう、わざと
吊り下げたままだそう。


よく見ると、かじられた跡が・・・。


  

3月まで続けられる「燻」作業。春までに昨年の穢れを
虫と一緒に燻し出して、新しい年のお客様をお迎えする準備が整います。


【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼前の記事・お申込はこちらから!

2018.01.31:[観光スポット]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
ながいファン倶楽部ブログ ver.4:画像

ながいファン倶楽部ブログ ver.4

 一般財団法人置賜地域地場産業振興センターで運営している「ながいファン..

やまがたクチコミ情報の検索
広告欄

合計10,629,035件 (2012.01.17〜) 今日2,650件 昨日7,627件