記事詳細ページ

「第41回 白鷹鮎まつり」まであと5日!

「第41回 白鷹鮎まつり」まであと5日!:画像

「香魚(こうぎょ)」とも呼ばれ、その姿・独特の香りから”川魚の女王”として昔から人々に好まれてきた鮎。

この時期、お腹にたくさんの卵を抱え、川を下ってくる「落ちあゆ」。

ひときわ大きく、お腹にはうっすらと赤い線が入っていることから白鷹町では「もみじ鮎」として珍重しています。

それを、炉を使って炭火で焼くことで、外はパリパリ、中はふっくらとした美味しい鮎の塩焼きが楽しめます。

山形の母なる清流"最上川"で育った鮎をぜひ一度ご賞味ください。

「第41回 白鷹鮎まつり」は今月、9月16日〜18日です。

場所は 道の駅白鷹ヤナ公園

詳しくはこちらをご参照ください。

「第41回 白鷹鮎まつり」

2017.09.11:[イベント・祭り]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
小形 正幸:画像

白鷹町観光協会(公式サイト)

白鷹町の観光情報をお届けします。春サクラ、夏ベニバナ、秋はアユ、冬は隠..

やまがたクチコミ情報の検索
広告欄

合計10,179,945件 (2012.01.17〜) 今日7,827件 昨日2,816件