記事詳細ページ

特別展 おくのほそ道330年記念 芭蕉展

特別展

奥の細道330年記念 芭蕉展 −漂泊の俳人、その旅と文学−



(上)芭蕉像 月僊 筆、(下)紅花屏風 青山永耕 筆


  令和元年6月7日(金)―7月23日(火) 〔会期中無休〕  

  俳人・松尾芭蕉は江戸時代前期に洒落・滑稽を旨とする言葉遊びの文芸だった
俳諧を芸術として確立させました。その業績には、芭蕉の「旅」が大きな影響を与え
たと考えられています。とりわけ、「おくのほそ道」の旅は、芭蕉の世界観に大きな
影響を与え、その俳諧の大きな転換点となりました。
 本展では、芭蕉が「おくのほそ道」行脚で山寺を訪れてから今年で330年になるこ
とを記念し、「おくのほそ道」、特に山形の旅路に焦点をあて、芭蕉に関する貴重な
資料や、関連資料によって、芭蕉を魅了した山形路の旅を追体験できる展示としまし
た。漂泊の俳人芭蕉の作品の魅力と旅情をご堪能ください。

2019.06.11:[イベント・祭り]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
山寺芭蕉記念館:画像

山寺芭蕉記念館

山寺芭蕉記念館〒999-3301 山形市大字山寺字南院4223TEL:..

やまがたクチコミ情報の検索
広告欄

合計12,664,686件 (2012.01.17〜) 今日3,487件 昨日3,150件