記事詳細ページ

紅葉狩りドライブ2 (10月中旬〜11月上旬)

スタート
紅葉狩りと滝と美味しいものを楽しむ日帰りの旅。
紅葉最盛期の112号線沿いの山々の紅葉は絶景。
梵字川渓谷近くには道の駅や気軽に見れる滝があり、散策&休憩スポットにおすすめ。
復路では紅葉に加え、ダチョウの見物&季節のリンゴを堪能して下さい。

現在の紅葉の状況はこちらからどうぞ【紅葉の見頃】
  • 西川IC

    車で10分

  •  

    道の駅にしかわ

    県内で唯一、ビール醸造工場を併設した道の駅。採れたての山菜や野菜、道の駅オリジナルお菓子などを販売。フードコートでは、町内産の山菜が入った山菜コロッケ、月山の自然水でつくった地ビール、運転手にもうれしいノンアルコールな地ビールソフトクリームがお楽しみいただけます!
    道の駅隣には「水沢温泉館」があり、運転の疲れを癒すことができます。

    車で10分

  •  

    寒河江ダム(月山湖)

    日本一の打ち上げの高さを誇る「月山湖大噴水」があり、休み処・関の茶屋では寒河江ダムカレーや西川町特産の山菜がふんだんに入った、あっづいつけ汁で食べる山菜そばなど噴水を見ながら食べることが出来ます。

    車で30分

  •  

    梵字川渓谷

    道の駅月山裏手には「ふれあい橋」&「亀の滝」を見ることができ、遊歩道を通って米の粉の滝ドライブインへいくと展望台から落差約25mの「米の粉の滝」を見ることが出来ます。
    11月上旬から12月上旬には、道の駅向かい側「そば処大梵字」でそばまつりを開催。朝日地域産そば粉100%の手打ち十割そばです。

    車で70分

  •  

    道の駅あさひまち「りんごの森」

    山形県朝日町の特産はリンゴ。その町にある道の駅は上空から見るとリンゴの形をしています。地産のりんごを使ったソフトクリームや冷麺、りんごを餌に放牧でノンストレスに育った「あっぷるニュー豚」のメンチカツ・ハンバーガー。ダチョウ肉のフランクフルトなどのオリジナルメニューのほか、りんご狩りの受付もしています。

    車で6分

  •  

    オーストリッチ展示圃

    町の新しい産業創出を願い、1998年に南アフリカから9羽のダチョウが輸入されました。朝日町特産のりんごを餌として飼育。現在展示園では常時50羽〜100羽のダチョウが放牧されています。

    車で5分

  •  

    りんご温泉

    朝日町特産のりんごが浮かぶ湯船。強アルカリ泉の温泉は、入ると肌がつるつるすべすべになります。小高い別棟にある露天風呂からは朝日連峰や月山が眺められます。

    車で15分

  •  

    玉虫沼

    室町時代後期にこの地域を領していた武田信安とその家臣の安達縫之助が灌漑のためにつくった人造湖。山形県最古の農業用ため池といわれており、日本のため池100選にも選ばれています。

    車で30分

  • 山形中央IC

ゴール

2018.10.01
やまがたへの旅|事務局:画像

やまがたへの旅|事務局

山形県観光物産協会のさみだれノートです。

やまがたクチコミ情報の検索
広告欄

合計11,902,293件 (2012.01.17〜) 今日2,250件 昨日3,967件