記事詳細ページ

【開催中】知ればこんなにおもしろい こもんじょ入門!

  • 【開催中】知ればこんなにおもしろい こもんじょ入門!
  • 【開催中】知ればこんなにおもしろい こもんじょ入門!

現在、美術展覧会場では企画展「知ればこんなにおもしろい こもんじょ入門!」を開催しています。

 

本間美術館を代表するコレクションの一つである古文書を使い、

古文書を鑑賞する際、知っていれば100倍楽しめる基礎知識をご紹介しています。

 

 

では、展示の全容をご覧ください。

 

【公的文書:公的要件に関わる文書】年月が書かれたものと、そうでないものがあります。

 

【私的文書:私的な音信に使われた文書】

 

【署名の書き方】ここからは文書の書き方に注目します。文書は「書札礼」と言われるTPOに応じた厳格なルールあり、これを無視すると重大なトラブルになりかねません。

 

【署名の位置】書かれる場所によって、上下関係や親密さなどが見えてきます。

 

【宛所の位置】署名と同様に、書かれる場所によって、上下関係や親密さなどが見えてきます。

 

【印判の用途】花押に代わって使われた印判は、黒と赤があり使い分けています。

 

【紙の形】紙の形も、竪紙・折紙・切紙などなど様々。

 

【紙の種類:猪紙と斐紙】主に、こうぞ紙と雁皮紙があります。

 

【自筆書状と祐筆書き書状】ほとんどの古文書が、文面を祐筆が書いています。

ここでは直江兼続の自筆と祐筆を比べています。

 

古文書の封の仕方も3種類ご紹介。

 

古文書をご覧いただいたあとは、二階展示室で書画・工芸がご覧になれます。

いずれも、庄内藩主酒井家と米沢藩主上杉家に伝来した作品です。

 

 

このように、まさに古文書の教科書のような内容を、貴重な文化財を贅沢に使って、生で感じて勉強できる展覧会にしました。

古文書に親しんでいる方も、これから古文書に触れる方にも、ご満足いただける内容だと思います。この機会にぜひお見逃しなく!!

 

 

※1月21日(日)午後2時より、庄内酒田古文書館館長・杉原丈夫氏によるギャラリートークを開催します。たくさんのご参加お待ちしています。

 

2018.01.14:[観光スポット]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
本間美術館ブログ:画像

本間美術館ブログ

〒998−0024 山形県酒田市御成町7−7TEL:0234−24−4..

やまがたクチコミ情報の検索
広告欄

合計11,167,353件 (2012.01.17〜) 今日1,456件 昨日3,663件